ようこそ ベータグルカン.com へ
http://xn--lckj8b2f0d2b2c.com
健康栄養素のパイオニア
アリタリスゴールドS(120錠)鹿児島県産冬虫夏草は最高峰
アリタリスゴールドS(120錠)鹿児島県鹿屋市産冬虫夏草は最高峰(アリモト工業)
1粒あたりベーターグルカンが 12.76mg含有

βグルカンと違う 作用機序 最新免疫関連製品

紅敏風・小粒(ベニクスノキタケ・牛樟芝・トリテルペノイド・Triterpenoid)
RASLE・紅敏風(ソフトカプセル・日本向け正規輸入品)
Extract of Antrodia Camphoretaの特徴
Goldenbiotechは独自の技術「固体培養」によりベニクスノキタケの量産に成功
Goldenbiotechの培養したベニクスノキタケの成分は天然のものとほぼ同じ
夜のお付き合いの機会が多い方、いつまでも健康でいたい方。
高濃度の特許成分Antroquinonol(アントロキノノール・アメリカFDA P2申請中)を配合
名称:ベニクスノキタケ加工品
株式会社GoldenBiotecnorogy Japan


ベーターグルカンブログへ



地球を救うと言う「ユーグレナ グラシリス」ユーグレナピュア サプリメント

<広範囲で種類豊富な健康栄養素をバランス良く含有>
ビタミン類14種:α-カロテン・βーカロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6
ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸


ミネラル類9種:マンガン・銅・鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・カリウム・リン・ナトリウム

アミノ酸18種(必須アミノ酸含む):バリン・ロイシン・イソロイシン・アラニン・アルギニン・リシン
アスパラギン酸・グルタミン酸・プロニン・スレオニン・メチオニン・フェルアラニン・ヒスチジン
チロシン・トリプトファン・グリシン・セリン・シスチン

不飽和脂肪酸:DHA・EPA・パルミトレイン酸・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・エイコサジエン酸
アラキドン酸・ドコサテトラエン酸・ドコサペンタエン酸・ジホモγ-リノレン酸


その他:パラミロン(β-グルカン)・クロロフィル・ルティン・セアキサンチン・GABA・スペルミジン・プトレッシン
面白日本語ドメイン

サラブレッド.net(優駿) ミドリムシ.net(緑虫) オメガ3.net 蟻.com 

ヒアルロン酸.net ホテル案内.com


【有限会社 大カンパニー】

【GPT.JP】健康ヘルシーです 通販サイト

β-グルカン製品 ベーターグルカン 霊芝 株式会社和漢生薬研究所 マンネンタケ 万年茸


β1,3-グルカン(β-glucan、べーた-)とは、グルコースがβ1-3型の結合で連なった多糖である。
植物や菌類、細菌など自然界に広く分布するが、アガリクスやメシマコブ、霊芝などのβグルカンは強い免疫賦活作用、制癌作用を持つとして特に注目が集まっている。
β1,4-グルカンが由来に関係なく全てセルロースという名前を持つのに対し、β1,3-グルカンは由来によって様々な名前が与えられている。
また、単にβグルカンと言った時には通常β1,3-グルカンのことを指す。

βグルカンはそのカタカナの呼び名が示す通り元々アメリカで発見された物質である。
β1,3グルカンもアメリカの研究陣(米Tulane医科大学のNicholas DiLuzio博士(1926-1986)等の研究陣だと言われている)が酵母細胞壁から発見した,糖質分子(六単糖、Hexose)が1-->3方向で水素結合した3重螺旋構造の鎖状物質を名づけた言葉である。
炭素配置の右回転方向を表す"D"を加えて、日本ではβ1,3Dグルカンと呼ばれることもある。糖の分子が1-->3結合だけではなく、酵母細胞壁からβグルカンへの分離抽出過程で1-->6方向で水素結合したいわゆるβ1,6グルカンと呼ばれる分子の鎖もわずかに残るため、日本ではβ1,3/1,6グルカンなどと呼ばれることもある。米国などで免疫調整の材料として研究対象となっているのは酵母saccharomyces cerevisiae(いわゆるイースト菌やビール酵母)の細胞壁から抽出されたβ1,3グルカンであることが多い。
研究者の実験論文の中では"Poly(1-6)-Glucopyranosyl-(1-3)b-D-Glucopyranose"という学名を使ったり、(1-->3)(1-->6)-D-Beta Glucanという呼称を使う場合が多いが単にBeta Glucanという言葉を使うこともあるようだ。

原料母体となる酵母(パン酵母、ビール酵母等)は世界各国で数千年にわたる食菌としての歴史に支えられて相当量が確保できる。そこから抽出されるベータ1,3Dグルカンという物質が生体に及ぼす好影響についても歴史は浅いが相当数の実験結果がある。
一方において、西暦2008年5月現在では酵母から抽出されるベータ1,3Dグルカンという物質の特定とその物質の及ぼす作用機序については未知な部分が多い。
ベータ1,3Dグルカンという物質のさらなる特定方法と定量分析方法の早期確立、統計的実験以外にヒトを対象とした実際の経時による安全性と作用機序の立証などが望まれていると言われる。

酵母ベータ1,3Dグルカンの抗酸化作用 [編集]
1980年代後半から2000年代にかけて一部研究者の手によって酵母サッカロマイセス・セレビシアエから抽出したベータ1,3Dグルカンの持つ抗酸化作用の有無に関する実験検証が行われていることは上述されている。
実験検証の多くは酵母細胞壁から抽出したベータ1,3Dグルカン画片(高分子炭水化物連鎖体)が示顕する抗酸化作用(生体においては活性酸素消去様作用)の現象をとらえたものではなかろうか。
もし酵母細胞壁から抽出したベータ1,3Dグルカンに抗酸化作用があるとすれば、この多糖物質にはそれまでに実証が試みられていた免疫調整機能とは別の「抗酸化環境維持能」のような機能があるのではないかということも否定できない。
酵母細胞壁から抽出したベータ1,3Dグルカンを含む高分子多糖成分が抗酸化作用にかかわっているのかということについては、より精細な検証が期待される(2008年11月1日現在)。

<Wiki より 引用しております(御礼)>